葉酸が不足することによって、おなかの中の胎児の奇形発生率が高くなると言うことは最近よく知られていることですが、それ以外にも葉酸不足によって引き起こされるトラブルがいろいろとあります。体内に摂り入れられた葉酸は腸内細菌によって合成が行なわれるので、風邪を引いたり病気をしたりして抗生物質を飲むと腸内の細菌バランスが崩れ、葉酸不足の状態になることがあります。


葉酸が欠乏することにより消化器系の粘膜のトラブルとして症状が発生し、口内炎や舌が赤くなる舌炎が起こります。それ以外にも胃や十二指腸の潰瘍を作ったり、下痢や食欲不振といった症状も葉酸が欠乏することにより現れてきます。また、葉酸は造血にかかわる働きもあるため、欠乏すると赤血球の生産が減り大球性貧血や白血球減少症などを起こします。


また、妊娠やアルコールを飲むということでも葉酸の欠乏が進むといわれています。さらに、葉酸の欠乏によって起こる精神的、神経的な症状として、記憶障害、不眠症、不機嫌というものもあり、葉酸を摂取していても上手く吸収することができない吸収障害によって症状が現れてきます。葉酸の欠乏により心筋梗塞のリスクが高まるということが最近の研究によって明らかになってきているので、健康のために葉酸は積極的に摂るようにしたほうがよさそうです。

葉酸は赤血球の形成や胎児の正常な発育に関係のある栄養素です。葉酸が不足すると貧血を起こしたり、胎児の発育に問題が起こったりすることがいろいろな研究でわかっています。


このことから、葉酸は特に妊娠している女性に必要な栄養素であるとして、2000年から厚生労働省も妊産婦は積極的に葉酸を摂るようにとの方針を打ち出しています。葉酸の不足によって発生のリスクが高くなるといわれていることに二分脊柱症があります。二分脊柱症とは、先天的に椎弓が正中で融合不全を起こして脊柱が欠損している状態をさし、胎児の1万人に3~5人に発症すると言われています。


葉酸不足でリスクが高まる二分脊柱症では、脊椎骨の先天的な形成不全により下半身不随や胎児期に脳が正常に形成されない無脳症ということが起こります。欧米型の食生活になり葉酸を多く含む緑黄色野菜などの摂取が減り、日本でも二分脊柱症の発生率が上がっているということもあり、葉酸の1日に必要な摂取量が0.4mgに引き上げられました。


二分脊柱症などの先天的な異常の発生を防ぐ効果の期待される葉酸は妊娠してから積極的に摂り始めたのでは遅く、妊娠に可能性がある女性は常日頃から葉酸を多く摂取することを意識しておく必要があります。

葉酸は水溶性のビタミンで、ほうれん草などに多く含まれています。葉酸という名前だけを見ると野菜類にのみ含まれているような印象を持ちますが、ほうれん草の抽出物から発見されたためこの名前がついているだけで、レバーなどの動物性の食品にも含まれている栄養素です。


葉酸という名前をあまり耳にすることがないかもしれません。しかし、妊娠中のお母さんにとってはきわめて重要な栄養素です。葉酸は赤ちゃんが成長していくのに必要な遺伝物質のDNAが造られていく時に働くもので、正常な細胞分裂を行なう際になくてはならないものです。葉酸が不足してしまうと細胞分裂が上手くいかなくなり、DNAが造られる時にミスが起こりやすくなるというリスクが発生します。


妊娠初期の2週間~4週間くらいに一番細胞分裂が活発に行なわれるために、この時に葉酸が不足すると無脳症や神経管閉鎖障害という病気が起こる確率が高くなってしまいます。しかし、通常2~4週間はお母さんもまだ妊娠には気づいていることは少なく、気がついた頃には葉酸が一番必要な時期を過ぎているということになります。神経系障害のリスクを少なくするためには、少なくとも妊娠する1ヶ月前から葉酸を摂取しておくことが望ましいので、妊娠の予定のある女性は積極的に葉酸を取るように意識しましょう。

葉酸は胎児の正常な発育のために必要な栄養素であり、癌に対する予防効果や心臓発作の予防、認知症予防などに効果があると言われていて積極的に摂取する人も増えてきました。葉酸は水に溶けやすく、調理の段階で壊れてしまいやすいものなので、葉酸を効率よく摂取するために、何に養蚕が多く含まれているのかを知っておくことも大切です。


葉酸はその名の通り緑黄色野菜に多く、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリー、パセリ、春菊などに豊富に含まれています。それ以外には豆類にも葉酸が多く、枝豆やそら豆、大豆などで摂取することができます。焼き海苔や、味付け海苔などの藻類にも葉酸が多くて、焼き海苔100gには1900μgの葉酸が含まれています。


野菜類以外に肉類の中にも葉酸をたくさん含んでいるものがあります。それはレバーで、鶏のレバーには100gに1300μg、牛レバーには100gに1000μgも葉酸が含まれています。レバー類は、100g中に含まれている葉酸の量が多く、葉酸を不足させることなく摂取するには有効な食品ですが、レバーは体外に排出されない脂溶性のビタミンAを含んでいるため、摂りすぎるとビタミンA過剰症となるので摂取量には注意が必要です。

カテゴリ

月別アーカイブ

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

DESIGNED BY